シニアメンバー
佐藤 文昭 共同創業者、代表取締役

(株)産業創成アドバイザリー 創業メンバー。1981年に日本ビクター株式会社に入社、7年間にわたりビデオの研究開発に従事。その後、1988年に証券アナリストに転じ、日本勧業角丸証券、スミスバーニー証券を経て、1998年から9年間、ドイツ証券で調査本部長兼電機全般および半導体アナリストとして業界や企業分析を担当。その間、1999年にITバブル崩壊を予想し、2000年から6年間連続で日経新聞の総合アナリスト・ランキングで1位、およびインスティチューショナル・インベスター誌でもトップ・アナリストにランクされた。2007年にメリルリンチ日本証券に移籍。副会長兼投資銀行部門マネージング・ディレクターとして電機・半導体・通信業界の業界再編やM&A関連業務に従事。著書に「日本の電機産業再編へのシナリオ」(かんき出版)がある。武蔵工業大学工学部卒業。


阿部 敦 共同創業者、代表取締役

(株)産業創成アドバイザリー 創業メンバー。1977年に三井物産株式会社に入社、1982年から米国に赴任しハイテク関連企業の設立やベンチャー企業の未公開株投資業務に従事。1993年から米国投資銀行のアレックス・ブラウン・アンド・サンズ社(現ドイチェ・バンク・セキュリティーズ)に入社、サンフランシスコを拠点に米国ハイテク企業の上場やM&Aを手掛けた。半導体グループのグローバル統括責任者およびテクノロジー・メディア・テレコム部門のアジア地域の統括責任者を歴任、2001年に帰国しドイツ証券会社にて執行役員兼投資銀行本部長を務めた。2004年にJ.P.モルガン・パートナーズ・アジア(後にCCMPキャピタル、ユニタス・キャピタルに社名変更)の日本代表に就任、5年間にわたりプライベート・エクイティ投資業務に携わった。早稲田大学理工学部卒業、米スタンフォード大学MBA取得。


ギャリー・チャン 共同創業者、代表取締役

(株)産業創成アドバイザリー 創業メンバー。1990年にジェームズ・ケーペル証券(日本)に入社、1994年まで株式調査部にて通信業界を担当。その後、バンカーズ・トラスト香港支店を経て、1995年にUBS証券香港支店に入社、株式調査部また投資銀行部門においてアジア通信セクター統括責任者を務めた。1999年に東京支店に移り、投資銀行部門にて通信セクターの統括責任者として資本調達やM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、国内外の投資ファンドと連携するファイナンシャル・スポンサー・グループの責任者も勤めた。米カリフォルニア大学バークレー校人文学学部卒業。


中嶋 秀行  マネージング・ディレクター

(株)産業創成アドバイザリー マネージング・ディレクター。1987年日本長期信用銀行入行。ロスアンジェルス支店での不動産関連業務を経て、1993年にJP Morgan Securities (NY)入社。1994年から同社東京のTMTチームにて日本のテクノロジー、通信会社の資金調達、財務戦略、M&A実行をサポート。2001年からはモルガン・スタンレー証券会社(東京)にてテクノロジー・カバレッジに携わり、2003年から2006年までUBS証券会社(東京)にて通信・メディア・グループの責任者を務める。本邦大手テクノロジー、通信、メディア会社の上場、資金調達、M&Aを支援。2006年から2015年までモルガン・スタンレー証券会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)にて数多くの通信・メディア会社のM&A、資本政策、成長戦略の策定、IR活動、資金調達においてアドバイスを提供。日本TMT業界の投資銀行業務において有数の経験と実績を有するに至る。早稲田大学法学部卒業、米シカゴ大学MBA取得。


若林 浩伸  マネージング・ディレクター

(株)産業創成アドバイザリー マネージング・ディレクター。1989年に日本興業銀行に入行。1993年から2000年までロンドン興銀(IBJ International plc)にて、デット・キャピタル・マーケット(DCM)及び証券化市場業務を担当。2000年に帰国し同行企業投資情報部、みずほ証券アドバイザリーグループにて、TMT業界を中心にM&Aアドバイザリー関連業務に従事。2005年にモルガン・スタンレー証券(日本)に移籍。その後、2016年まで同社投資銀行本部のマネージング・ディレクターとして、国内及びクロスボーダーにおける数多くのM&Aを手掛けた。東京大学経済学部卒業、ロンドンビジネススクールMSc(ファイナンス修士)取得。